freee

クラウド会計freeeを始める前に銀行口座でしておくこと

Bank accounts

もし、freeeで新しく会計を始めようと考えるいる方は、freee に移行する前に、必要なことがあります。それは、銀行口座の整理です

 

大切なこと

  • 口座数は少ない方がよい
  • ネットバンキングを利用する
  • 銀行窓口の利用を減らす

現状、取引先にしてみれば、地方銀行のほうが好まれているため、地方銀行の方は、そのまま地方銀行を使ったほうがいいですが、使ってないのであれば、解約すべきです。

管理するうえで 銀行口座を減らしたほうが 運用は楽です。たとえば、メインは、3カ月分の事業資金で、サブには、貯蓄用や当座貸越の担保など

ただ、複数店舗あり、店舗ごとに 経費 を管理している場合は、通帳・クレジットは別々に分けた方がよいです。その方が、自動仕訳の処理がしやすくなります。

 

最後にこれが一番 やっかいです。

窓口で入出金の処理をすると、 摘要が空白 になる

freee でも MFクラウド でも 摘要 を見て判断しますので、摘要が空白 だと自動で処理が出来なくなります。

 

freeeは、この銀行が相性がよい

freee との提携があり、銀行振込がしやすくなります。あと、API連携先なんです!

  1. 住信SBIネット銀行
  2. ジャパンネット銀行
  3. 三菱UFJ銀行

地方銀行をつかっている方は、多いと思いますが、切り替えをオススメしています。銀行同期時に ワンタイムパスワード が必要になるため、ワンタイムパスワード が無いために、行動が制限 される

銀行の同期は、地味に時間がかかりますので、API連携先は、入力の手間も省け、同期が早くなります。また、会社・自宅・コアワーキングスペース で仕事していますが、会社の ワンタイムパスワード を持ち歩くことができないため入金確認がやりにくいです。

住信SBIネット銀行 や ジャパンネット銀行 では、

API連携できていると、外出先でも同期ができますし、なにより手数料が安いですからね

 

追記

ジャパンネット銀行 の ワンタイムパスワード は持ち運ぶ人にとってはいいですよ

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です