freee

freeeを使う私が比較 クラウド会計の3社 おすすめ

Comparison

会計 freee は、わたしの知る限りは、不人気です(笑)

なぜって、freeeは特殊なのです!freee以外の会計ソフトもたまに触っていますが、基本、どのソフトも目的は一緒なので、基本は、変わりません

操作方法、見た目が違うだけで、なれるまでは一緒です。ソフトの開発の考え方に違いがありますので、自分のやり方にあったソフトでやってもらった方が良いです。

 

紹介の前に

freee を初めた 税理士さんですが、大半は、MFクラウドに切り替わっているそうで、そっから、MFクラウドを経由して、弥生会計に戻っていく先生も多いです。ソフトが変わることはそれなりに負担が大きいです。

会計ソフトの変更を考えている人は、税理士に一度相談をしましょう

対応してくれるか、してくれないか 聞いてみましょう
(税理士と契約が無い人は関係のない話です)

 

とりあえず、ざっくり簡潔に

とにかく安くしたいなら
 → 弥生クラウド

知識はないけど、地道に自分でやりたい
 → 弥生会計

会計・簿記 の知識がある程度ある
 → MFクラウド

とりあえず、記帳が出来てれてよい
 → freee

無料でやりたい
→ EXCEL

無料でやりたいって言われる人も多いと思いますが、知識があっても、なくても、絶対におすすめしません。手間とミスがかなり増えます。税法は毎年なにか変わります。あなたは、必要な内容を調べて学ぶ自信はありますか?

 

料金、比較

個人 料金

法人 料金

 

弥生会計(クラウドではありません)

会計の知識とかパソコン操作に不安がけど、自分でやりたい人向け、弥生会計は、3人に2人が弥生を使っていると言われるほど、シェアが高いです。なんせ、サポート品質がすごく高いです。途中から税理士に委託しやすい弥生会計 は 非常に入力しやすいです。

とにかく、初めて使った人でも聞かずにある程度設定が出来ますが、入力をしっかり覚える必要があります。

弥生会計は、サポートが良く、手入力がしやすいソフト

メリット

  • パソコンが苦手で会計ソフトが初めての人向き
  • サポートが高品質
  • 操作がとてもしやすい、わかりやす
  • 仕訳を手入力するのには、ストレスが一番少ない
  • 対応している税理士が多い

デメリット

  • インストール型であるため使用できる端末が限られる
  • 銀行同期が難しい

弥生クラウド

弥生会計のクラウド版です。使用する機会がまだ無いので、比較は出来ませんが、一番安いです。

あの弥生さんが出しているのですが、まだ出て日が浅いので様子見中で、利用してみて追記します。

 

MFクラウド

会計・簿記が分かる人向けです。会計事務所向けのクラウド会計ソフトとして登場しました。ほかの会計ソフトを利用してきた人には、移行しやすいです。

銀行口座と同期し、取得した明細から仕訳を起こす事ができます。その同期された仕訳に、科目を登録して、数字に反映させることができます。

自動仕訳をしっかり設定ができていれば、仕訳を登録させる時に、科目を入力する必要はありませんので、登録時のチェックに集中出来るので、間違いも大きく減ります。

MFクラウドは、データをチェックしてから登録するソフト

メリット

  • クラウド会計ソフトなので、端末を選ばない
  • 銀行口座同期がしやすい
  • 自動仕訳ができれば、科目を入力しなくても良い
  • 対応している税理士は探しやすい

デメリット

  • 会計・簿記の知識がないと辛い
  • 弥生会計に比べて 手入力は、少しストレスがある

 

freee



ラウド会計ソフトの先駆けで、わたしの知る限り会計事務所から不人気(笑)その原因なのですが、経理やバックオフィス業務を効率化させたいから、スタートした会社だからです。

請求書を会計ソフトで発行しちゃおう、銀行の明細と会計ソフトをつなげてしまおう、ついでに科目入力も 基本パターン化されているので、「自動化」しちゃえと・・・

自分達が理想とする 連動する会計ソフト を作っちゃった感じです。会計ソフトで慣れている人は、freeeの特殊事項にかなり戸惑いまいます

 

(嫌われてる原因)

freeeのバックオフィス効率化が理解できれば、記帳を毎日しなくても、帳簿が勝手に出来上がります。

自分で入力するには、まったく向いていません、むしろするべきではないです。なにせ連動する会計ソフトなので、会計・簿記のやり方ではなく業務のやり方を変えることが必要になります。

freeeは、業務のやり方を変え 自動入力された帳簿を
あとから見てチェックする 連動する会計ソフト

メリット

  • クラウド会計ソフトなので、端末を選ばない
  • 銀行口座の同期がしやすい
  • 自動仕訳ができれば、自動である程度帳簿を作成できる
  • 対応している税理士は、探せばいます

デメリット

  • 弥生会計に比べて 手入力は、ストレスがある
  • 会計ソフトを使ったことがある人は、戸惑う
  • 業務のやり方を変えられなければ、負担が増える

いまでも 使って freeeに不満があります。だって、freeeに直接入力すると「自動で経理」が使えないし、周りの人に理解してもらうのに時間がかかるなど

 

ただ、嬉しいのは、要望した改善がほんとにあるんですよね

[shared] 会計freeeにお寄せいただいたフィードバックと開発状況 – Google スプレッドシート

当たり前かもしれませんが、それでも嬉しいです。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です