freee

freeeに登録したあとに、するべき3つのこと

Things to do

freeeに登録したら、これだけははやめにしたほうが良いところです。

まずは、会計 freee と 外部サービスを連携する

 

口座の登録をする

登録した初日にすべきことです。

  1. ネットバンキングの同期
  2. クレジットカードの同期
  3. その他連携できるサービスとの同期

設定後は、①のようにグレーの背景にゼロと書いていますが、同期がうまく行けば、②のようにオレンジ色で数字が付きます。もしくは、サブメニューを開くと、③のように同期日についてもわかります。

同期の設定したあとは、同期ができているか確認をしましょう

  • 1回目の登録は同期に失敗しやすい
  • 地方のビジネスバンキングだと1~2カ月分しか明細がとれないことがある

1回目の登録は同期に失敗しやすい。銀行が違えばやり方が違うように、システムも違います。追加の認証を必要とすることが多いので、同期だけでもしてみましょう

もし、ビジネスバンキングの明細の参照期間が1カ月だった場合、同期漏れがおきやすいので注意です。

会社のサブのネットバンキングで、月末に同期を忘れて翌月になると、前月分が同期できない銀行もありました。(これは銀行側のシステムが悪い)

 

 

同期できていない部分の記帳

  • 現金の取引明細
  • ネットバンキングで同期できない明細

 

現金の取引明細は、3択です。

  • 出納帳をつけて、freeeへ取り込む
  • 直接入力する
  • ファイルボックスを利用する(ただし、一番安いプランだと使えない)

 

 

ネットバンキングで同期できない明細の確認

 

最後の日付を確認してみてください。1/1まであれば、大丈夫です。

もし、不足があれば、手入力するか出納帳を利用して取り込むことになります。

 

書類の整理をしよう

結構めんどくさいのが、書類の整理です。契約書・請求書・領収書などをデータで残していれば、廃棄していいわけではありません「電子帳簿保存法について|国税庁」を理解して、国税庁に許可をもらわないとダメです(まだ実用的じゃない)

  • 契約書・請求書・領収書など、紙で保管が必要な書類がある
  • それぞれに廃棄可能な期間が決められている(永久保存する書類もある)

 

書類の整理区分

  • 申告書関係 ・・・ 税務署に出した控えなど
  • 契約書関係 ・・・ サーバーの利用同意・レンタル・リースなどの契約書
  • 領収書関係 ・・・ 現金支払の領収書
  • 納品書関係 ・・・ たまに無い人もいます。
  • 請求書関係 ・・・ 請求書・引き落としの明細・クレジットカード明細

 

申告書関係

ここで一番管理がらくです。税務署に出した控えなどです。フリーランスだと、税務署に出した控えが源泉徴収票の代わりになるので、請求書など別けて保管しておくと便利です。

 

契約書関係

これも請求書など別けて保管しておくと便利です。契約が終わったら、終わった年の請求書と一緒のダンボールにいれてしまえばよいです。

また、ネット契約で契約内容はネットで確認しているものがありますよね。これは、印刷せずにネットでいつでも確認できるようにしておけば、大丈夫です。

 

領収書関係

会計ソフトfreeeに登録したら、ホッチギスで止めてから、ジップロックなどの袋にまとめて入れたら、ダンボールにポイしてます。

 

納品書関係

ものが納品されたときについてくるあの紙です。一応保管が必要なんですが、結構すてらているひと多いです。まぁ無くても請求書があれば、差し支えないです。納品書は請求書とチェックして、おわったらダンボールゆきです。

 

請求書関係

これが一番やっかいでした。現在では3つにわけて管理しています。

  • 銀行振込先
  • 自動引落先
  • その他・・・入金通知の明細など上のあてはまらないもの

わたしは、銀行振込先も自動引落先の請求書は都度、ファイルボックスで登録していますので、請求書が来た順番で閉じています。

わけているのは、銀行振込に請求書をチェックするので、自動引落分と混ぜていると区分する手間があったからです。

 

 

最初はやることが多い

とりあえず、どの会計ソフトもすることは多いです。科目は、とりあえず来月になってから考えても遅くないです。freeeが明細を取得さえできていれば、こっからはハヤイですよ

freeeの最大の強みは、

外部サービスと連携して ✕ 自動登録ルールで記帳

なので、どちらかが、できていなければ、結果はゼロです。

外部連携できれば、記帳がしやすくなります。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です